資料到着から約1週間、こちらの提案どおりの金額でスピード解決できた事例

未申請
頸椎捻挫・両肩捻挫・腰椎捻挫
保険会社提示額
交渉前
最終獲得額
118万円
被害者 40代 自営業 女性 Mさん
部位 首・肩・腰
傷病名 頸椎捻挫・両肩捻挫・腰椎捻挫
後遺障害等級 未申請
獲得金額 118万円

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級
入通院慰謝料 73 73
休業損害 44 44
逸失利益 0
後遺障害慰謝料 0
その他 1 1
合計 0 118 118
単位:万円

事故・怪我の状況

Mさんは、自動車で青信号の交差点を直進中、赤信号無視の自動車と出合い頭に衝突され、頸椎捻挫、両肩捻挫、腰椎捻挫等のお怪我を負ってしまいました。

解決までの流れ

治療を開始したMさんは、今後の進め方などを調べているうちに、ご自身の保険に弁護士費用特約が付いていることが分かりました。今後の不安もあり、少しでも納得いくかたちで示談したいと考えたMさんは、当事務所にご相談、ご依頼くださいました。Mさんは、お一人で自営業を営んでいたため、なかなか仕事を休むことができず、仕事終わりや、仕事の合間に通院を続けていました。また、Mさんはご高齢のご家族と2人で暮らしており、家事は全てMさんが担っていました。しかし、通院に時間が取られたことやお体の痛みから、思うように家事が出来ず、日常生活にはかなりの支障が出ていました。その後、Mさんは頑張って通院を続けた甲斐もあり、痛みもほとんどなくなったため、治療を終えることとなりました。そこで、さっそく相手保険会社へ資料の送付を依頼し、示談交渉に進みました。争点になるだろうと考えた休業損害については、お仕事のお休みはほとんどなかったものの、家事労働に多大な支障が出たことから、事故に遭う前と後とで、どんなことが出来なくなってしまったか、どのように工夫して過ごしていたか等を詳細に書面に記して、主婦としての休業損害を請求しました。すると数日後、相手保険会社からはこちらの提示額を全て認めます、という回答が来ました。当事務所では、相手保険会社が気にするポイントはどのあたりか等、事前にしっかりと検討したうえで交渉を開始します。そのため、資料到着から約1週間という短期間で、示談することができたものと思います。最終的に約118万円をお受け取りいただき、Mさんにもご納得いただくことができました。

その他の解決事例

保険会社提示額
約3000万円
最終獲得額
約6000万円
保険会社提示額
交渉前
最終獲得額
86万円

1年半以上の長期に渡る治療を要した方について、200万円以上の増額に成功した事例

14級
右脛骨高原骨折・頭部外傷・頸椎捻挫・左肘打撲
保険会社提示額
192.4万円
最終獲得額
400万円

相談料・着手金0円。完全成功報酬制。賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-189
24時間受付メールでのご相談はこちら
0120-543-189