0120-543-189

この度は当ホームページをご覧いただきありがとうございます。ガーディアン法律事務所代表の木谷倫之(きだに ともゆき)です。

当事務所は国分寺・八王子を拠点に西東京エリアのご相談に幅広く対応している「地域密着型」の法律事務所です。これまで2,000件以上の交通事故問題を取り扱い、専門性の高いサポートを行なっております。医療知識への精通、1事故2名の「チーム体制」。こうした他の事務所にはない手厚いフォローアップを行なっていることが当事務所の強みです。

我々が特に交通事故事件に注力しているのは「被害者と保険屋の知識の差を弁護士の力で埋めたい」という思いからです。交通事故の示談では被害者が知識のないまま、相手の思うよう丸め込まれている。そのような状況でも被害者にはまだやりようがあることを気付いてほしい、そう考えたのがきっかけです。

交通事故に遭った場合はまず第一に当事務所の弁護士にご相談ください。法律や裁判手続きを駆使すれば、適正な賠償金は必ず受け取れます。それをサポートするのが我々弁護士です。お困りのことがあればお気軽にご相談ください。交通事故問題に精通した弁護士があなたの味方となって全力でサポートさせていただきます。

なぜ交通事故は弁護士に依頼したほうがいいのか?

弁護士に依頼するメリットは以下の2点があると考えます。

賠償金の増額
ストレスの軽減

弁護士であれば賠償金を大きく増額できるから

ご存知の方も多いと思いますが、弁護士にお任せいただければ賠償金は大きく増額します。どれくらい増額するかは個別事案によりますが、少なくとも数十万円、後遺障害や死亡事故の場合は数百〜数千万円増額するのが通例です。

以下は当事務所で実際に取り扱った増額事例です。高速道路走行中の死亡事故ですが、加害者加入の保険会社からは3,000万円の示談金が提示されていました。そこに弁護士が介入することで、最終的には6,000万円まで増額することに成功しました。

当事務所では「被害者の方のお手元に少しでも多くの賠償金が残るように」と考えています。被害者は交通事故に遭った時点で損失を被っており、たとえ適切な賠償金をもらったとしてもマイナスには変わりありません。それをなるべく減らすべくサポートするのが弁護士の役目です。

ストレスが軽減し治療や日常生活への復帰に専念できるから

交通事故サポートの形は弁護士により様々ありますが、当事務所では事故直後や治療中からのサポートも積極的に行っています。ケガで大変辛い思いをされている中、保険会社とやりとりを進めることは負担も大きくストレスもかかります。その部分を少しでも軽減し、治療や日常生活への復帰に専念していただきたいというのが我々の思いです。また、治療中には様々な疑問が浮かぶと思いますが、それらを抱え続けながら治療を続けることは精神的に良くありません。保険会社への対応や、有利な通院方法など、通院中のポイントを細かくアドバイスし不安を和らげます。

交通事故に関わる医学的知識を持った弁護士がサポート

当事務所の弁護士は法律だけでなく交通事故に関係する医学的知識にも精通しています。習得には経験と実績が必要であり、実際に交通事故事件を取り扱っていなければ身につけることはできません。こうした知識を活かし、必要検査や後遺障害診断書についても積極的なアドバイスを行えるのは他にはない強みです。通院中からのサポートができる弁護士はそう多くいませんので、早いうちに是非ご依頼いただきたいと思います。


交通事故の賠償金に存在する「3つの基準」

一般の方にはあまり知られていませんが、保険会社から提示される示談金だけが賠償金の基準ではありません。賠償金には「裁判基準」「任意保険基準」「自賠責基準」の3つ大きな基準があり、通常一番高額になるのは裁判基準です。弁護士はこの裁判所基準を根拠に示談交渉、時には裁判を行い賠償金の増額をサポートします。

もし示談金を提示されている場合はどれだけ増額できそうか、提示前なら最終的にどれだけの金額になりそうか、当事務所にご相談いただければ「裁判所基準」ですぐに診断します。最終的にどれだけの金額になりそうかということは最も気になるところだと思いますので、ぜひお気軽にご相談ください(初回相談時にだいたいの見通しは立てられます)。


力量で結果が変わるからこそ弁護士選びが重要となる

交通事故事件は弁護士の専門性によって結果が変わります。タフな交渉力や行動力が求められるからこそ、弁護士選びは重要です。

交通事故には専門的な医学知識が必要

医学知識は司法試験には出ません。しかしながら交通事故事件を取り扱うにあたっては不可欠な知識です。当事務所の弁護士は、ケガや後遺障害に関する知識を保有し、医学的な観点からもアドバイスを行なっています。検査や画像資料に関することはもちろん、カルテや後遺障害診断書のチェックなども可能です。特に後遺障害案件の場合は医学的論点がたくさんあるため、できるだけ経験ある弁護士に依頼したほうが有利な申請へと繋がるでしょう。

フットワークの軽さと調査能力・交渉力も重要

示談交渉を有利に進めるには書類上のやり取りだけでは不十分です。交通事故時の対応そのものに争点がある場合は現地に直接足を運んで調査したり、専門家の鑑定を依頼するフットワークの軽さが必要です。その他に過去の判例を探し出す調査能力、そしてそれらを用いて保険会社へ掛け合うタフな交渉力が必要になります。これらは経験値がものをいう部分で、ある程度の実績がなければうまく立ち回れません。弁護士に依頼する場合は、知識も経験も豊富な交通事故に強い弁護士を選んでください。


「早めの相談」は有利な結果に繋がりやすい

示談金を提示されたタイミングで弁護士に相談する方が多いですが、それよりも早く弁護士に相談することをお勧めします。適正な賠償金を請求するには、治療中の段階から必要な処置や診察を受けることが必要です。また、その時々の状態や症状の記録、そして示談交渉に必要な情報が書かれた医師からの診断書も重要です。その他に治療中には保険会社から治療費の打ち切りや症状固定を通告されることがあります。これらも安易に受け入れてしまうと本来もらえるはずの賠償金が適切に請求できない場合があります。示談だけでなく、その過程にも弁護士のアドバイスが必要な場面は多くありますから、できるだけ早期に当事務所にご相談ください。

お客様の自動車保険で「弁護士費用特約」を付帯していれば、弁護士費用は全額保険会社が負担してくれます(300万円の上限あり)。特約を利用することで翌年の等級が上がることもありません。自身の保険だけでなく、同居のご家族が付帯している場合でも利用できるプランがあります。一度ご加入の保険内容をよくご確認の上ご相談いただくようお願いします。

0120-543-189

  • 2,000件以上の経験を活かしたサポートを行います

    当事務所の弁護士がこれまで取り扱ってきた交通事故相談は合計2,000件以上にもなります。現在も年間200件以上の問い合わせをいただいており、そこで習得したノウハウは弁護士同士で共有され、サポートの品質向上に役立っています。

    具体的には以下のようなノウハウを強みとしています。

    交通事故に必要な医学知識
    各保険会社ごとの攻略法
    示談金交渉に有利な情報や証拠の収集力

    最終的な賠償金や解決スピードは担当する弁護士によって大きく変わります。豊富な経験と実績に裏付けられた知識と独自のノウハウでサポートし、皆様が最大限満足していただける結果を目指します。

  • 後遺障害申請が有利になるようサポートします

    後遺障害等級は賠償金の金額に大きな影響があるわけですが、認定を有利に進めるには以下の点が重要になります。

    治療中から必要な検査を受けていく
    その時々の状態・症状を正しく証拠にとる
    診断書に必要な情報が記載されている
    退院後も医師の診断を受けている(通院している)
    適切な資料を提出する

    当事務所の弁護士は医学知識に精通しており、カルテや診断書を読み込むことも出来ます。治療中の段階からサポートすることでお客様の事情に合わせて適切な後遺障害等級に認定されるためのアドバイス行っております。

  • 「チーム制」で全力のフォローアップを行います

    事務所には弁護士が5名在籍しており、1事故に対して原則2名のチーム体制でサポートしております。場合によっては全員で多角的なアプローチを行っております。それにより、お客様の利益を最大化する提案をすることができます。また、センシティブな内容に関しては女性弁護士による対応も可能です。このような多人数での取り組みが当事務所の強みです。

不幸にも交通事故に巻き込まれ、大変お辛い思いをされていることと思います。

交通事故の賠償金は、弁護士を入れない限り適正な金額が支払われることはまずありません。だからこそ弁護士が必要とされる分野です。「ケガで心身に大きな傷を負ったのにも関わらず、金銭的な面でも被害を受けるようなことはあってはならない」それを肝に銘じ、一人でも多くの被害者を救いたいというのが当事務所の思いです。

当事務所では1事故2名体制という万全のサポートをもって、皆様をサポートしています。後遺障害の申請手続き、保険会社とのやりとり。こうしたことも全てお任せください。皆様にはケガの治療、そして日常生活への復帰に専念していただきたいと思っています。

私たちが味方になったからにはもう安心です。皆様に代わり、最後まで徹底的に主張を貫き通させていただきます。適正な賠償金が支払われるよう全力でフォローアップさせていただきますので、お困りの方は今すぐ当事務所の弁護士までご相談ください。

解決事例

保険会社提示額
725万円
最終獲得額
1651万円
保険会社提示額
約3000万円
最終獲得額
約6000万円
保険会社提示額
846万円
最終獲得額
2994万円

事故発生からのサポート内容

  1. 事故発生〜入通院

    重要なポイントについてアドバイスをします

    自分の判断で通院回数を減らしたり、整骨院へ転院してしまうと示談交渉で不利になる場合があります。間違った通院をしないよう弁護士が重要点についてはアドバイスをいたします。

  2. 症状固定

    妥当性がなければ治療を継続します

    治療開始してある程度経つと保険会社から治療費の打ち切りを通告されます。この場合に言われるがままに応えると後々、満足な賠償金や後遺障害等級が得られません。医師からの意見を基に治療費内払いの延長を交渉するためのサポートを行います。

  3. 後遺障害等級認定

    後遺障害の申請手続きをサポートします

    依頼者の症状固定時の状態に従い、後遺障害の申請を行います。必要書類の収集・手続きはもちろん、申請が有利になるよう記載内容のチェックなどを細かく行います。

  4. 示談交渉

    裁判所基準での賠償金獲得をサポートします

    示談交渉では過失割合や金額など様々な争点があり、弁護士として総合力が問われます。我々はこれまで交通事故を2,000件以上取り扱ってきた実績により身につけた交渉力や調査力、保険会社への攻略法により有利な交渉を進めていきます。

  5. 裁判〜解決

    依頼者の代わりに徹底的に主張を貫きます

    示談において過失割合や示談金が納得がいかない場合は訴訟を起こします。弁護士としてメインのフィールドでもある裁判では少しでも被害者のお手元に賠償金が多く残るようにとの思いの下、見通しを立てて最大限の結果が出るように全力で取り組みます。

事務所概要

【国分寺オフィス】

【八王子オフィス】

事務所名
ガーディアン法律事務所
電話番号
0120-543-189
所在地
国分寺オフィス
東京都国分寺市南町3-22-12 マーベラス 国分寺Ⅱ3階
八王子オフィス
東京都八王子市横山町25-6 ザイマックス八王子ビル3階
営業時間
平日10:00〜20:00 土曜10:00〜18:00

0120-543-189
0120-543-189