過失割合の重要性と弁護士のサポート内容について

保険会社との示談交渉の中で争点になることのひとつに「過失割合」の問題があります。

過失割合は最終的な賠償金額に大きな影響を与えるため、適正な過失割合を認めてもらうことは非常に重要です。

このページでは「過失割合」の争いは何を争っているのかと、もし過失割合で揉めるような状態なのであれば弁護士に依頼をしたほうがいい理由をお伝えします。

過失割合の仕組み

交通事故の損害賠償請求は民法という法律の不法行為損害賠償請求として行われます。この請求をするにあたって、被害者に過失がある場合には、損害全体を認定した上で、被害者の過失の部分については差し引き計算されることになっています。このシステムのことを過失相殺(かしつそうさい)と呼んでいます。

これは交通事故においても適用されるので、たとえば交通事故の被害者もスピードを出しすぎている場合には、発生した損害から被害者がスピードを出しすぎていたことが交通事故の結果に結びついたと評価できる分を差し引くことができます。そして過失割合というものは、どちらにどの程度の過失があるのかを決めるために定められることになり、90:10もしくは8割:2割というような数字で表現されることになります。

過失割合は判例によってある程度決まっている

交通事故の過失割合の決定は、判例タイムズ社が出版している「別冊判例タイムズ 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という書籍にのっとっておこなわれます。

まず、どのような交通事故であったのかという基本割合を定めた上で、その基本類型を修正する修正要素を加味して決定するというような具合です。

たとえば、道幅が同じの青信号に直進して進入したところ、反対側を走行中の右折車と接触した場合を検討してみましょう。この場合は別冊判例タイムズによると、基本の過失割合は80:20とされています。しかし、直進車に時速15キロ以上30キロ未満のスピード違反があった場合には過失割合が修正され、70:30となることになります。

過失割合の対立はどのように解決されるのか

交通事故の過失割合は保険会社が損害賠償の支払いの交渉の中で主張されるところから当事者間で検討されることになりますが、保険会社が主張する過失に納得がいかない場合にはどのように解決されるのでしょうか。

まずは、当事者間の話し合いで過失割合の基礎となる事実関係を確認します。被害者のあなたは、上記の基本過失割合の類型が間違っていないか、修正要素について該当する事実がないにもかかわらず主張をされていないか、加害者に修正要素に該当する事実がないか、といった主張をします。

事実関係を確認するためには、交通事故の直後に警察が交通事故現場の実況見分を行いますので、その結果である実況見分調書を基本に行うことになりますが、場合によっては現場を確認しにいくこともあります。保険会社との話し合いで解決をしない場合には裁判を起こして裁判所に過失割合を認定してもらうことになります。

過失割合以外にも保険会社の主張には注意しなければならない

過失割合で話が合わないとお悩みでこのページを訪れた方も多いと思うのですが、実は保険会社との交渉はこの過失割合だけではありません。

そもそもの損害額について、慰謝料などの損害自体の総額が少ない可能性があります。後遺障害が残るような重大事故になる場合には、後遺障害の等級の認定について適切な等級に認定されているかということも問題になります。

また、支払い基準について、裁判をした場合に認められる額を大幅に下回る、保険会社が独自に利用する基準での和解を提案してくることがほとんどです。

過失割合で保険会社の主張がおかしい場合には、その他の支払いに関する事項でも保険会社に偏った主張をしてくる可能性が高いので、きちんと全ての主張について検討する必要があります。

交通事故問題は当事務所にお任せください

過失割合での意見が対立して交渉の埒(らち)が明かないと感じる場合には当事務所にお任せください。

交通事故問題は過失割合だけではなく、どのような損害が生じているかなど交渉すべき事項がたくさんあり、交渉のプロである保険会社に知識も経験も少ない中で対応しなければなりません。

当事務所では、治療に関する医学的な知見、どのような事情があれば過失となるのかの交通事故に関する知見、もちろん不法行為に関する民法の知見でサポートするだけではなく、治療で苦しむ被害者を精神的にもサポートしています。2,000件を超える交通事故解決事例を持つ豊富な知識で、過失割合問題だけではなく、交通事故問題を丸ごとサポートすることができますので、ぜひご相談ください。

0120-543-189
0120-543-189