1年半以上の長期に渡る治療を要した方について、200万円以上の増額に成功した事例

14級
右脛骨高原骨折・頭部外傷・頸椎捻挫・左肘打撲
保険会社提示額
192.4万円
最終獲得額
400万円

ご相談内容

被害者 60代 会社員 男性 Gさん
部位 右足・頭・首
傷病名 右脛骨高原骨折・頭部外傷・頸椎捻挫・左肘打撲
後遺障害等級 14級
獲得金額 400万円
Gさんは、信号のない交差点を徒歩で横断中に、左側から走行してきた自動車と衝突し、右足の骨折、頭部外傷、頸椎捻挫のお怪我を負い、長期間に渡って入通院を継続していました。1年半以上に渡る治療期間を経て、ようやく症状固定を迎えたGさんは、相手保険会社が対応する事前認定の方法で後遺障害申請を行い、14級9号が認定されました。その後、相手保険会社から賠償額の提示が出ましたが、長かった治療期間や今でも残る痛みを思うと果たしてこの金額が妥当なのか疑問に思い、当事務所にご相談くださいました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 14級 14級 14級
入通院慰謝料 116.9 231.3 114.4
休業損害 163.5 163.5 0
逸失利益 35 132.2 97.2
後遺障害慰謝料 40 99 59
その他 8 29 21
過失相殺分 -84 -84
既払い額 -171 -171 0
合計 192.4 400 207.6
単位:万円
本件は、賠償額の提示が既に出ていましたので、ご契約後はすぐに相手保険会社から資料の取り付けを行いました。資料到着後、まずは認定された後遺障害の等級が妥当なものであるか精査をしたのち、すぐに賠償額の算定に入りました。

解決内容

Gさんは、長期間の入院も伴う重症であったにも関わらず、相手保険会社から出ていた提示金額は明らかに低いものでした。特に後遺障害部分については、逸失利益と慰謝料を合わせて、自賠責の最低限の補償額である75万円のみという提示でした。そこで、Gさんの実収入をもとに計算した逸失利益と、裁判所基準で計算した慰謝料を相手保険会社へ請求したところ、こちらの主張どおりの金額を認めさせることができ、後遺障害部分だけで170万円以上の増額に成功しました。また、入通院慰謝料については、裁判所基準の中でも、さらに重症の方に使われる基準を用いて請求し、当初の提示金額よりも110万円以上の増額となりました。最終的には、既にお支払い済みの治療費や休業損害を除いた受取金額として、当初の提示金額が191万円だったものから、400万円へと大幅な増額に成功し、Gさんにもご納得いただき、示談することができました。

所感(担当弁護士より)

被害者の方は、事故に遭われただけでも、これまでの生活が一変し、大変辛く不便な生活を余儀なくされます。事故に遭っただけでなく、後遺障害が残ってしまった方の不便さ・辛さは言うまでもないでしょう。そうだとすると、せめて賠償金ぐらいは、適切な金額の支払いを受けたいと当然誰もが思うはずですが、どうしても損保が提示する金額が、その適切な金額にほど遠いケースは発生してしまいます。ひとたび示談をしてしまうと、後から覆すことは基本的にできませんから、示談する前に是非とも一度弁護士に相談することをお勧めします。

その他の解決事例

保険会社提示額
282万円
最終獲得額
382万円
保険会社提示額
185万円
最終獲得額
428万円
保険会社提示額
40.89万円
最終獲得額
72.21万円

相談料・着手金0円。完全成功報酬制。賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-189
24時間受付メールでのご相談はこちら
0120-543-189