異議申立てにより,非該当から後遺障害併合14級が認定された事例

併合14級
頸椎捻挫,腰椎捻挫
保険会社提示額
交渉前
最終獲得額
206.8万円

ご相談内容

被害者 40代  自営業 男性 Hさん
部位 首,腰
傷病名 頸椎捻挫,腰椎捻挫
後遺障害等級 併合14級
獲得金額 216万円
Hさんは,事故から1か月ほど経過しても首や腰の痛みがなかなか良くならず,このまま痛みが残ってしまった場合のことを不安に思い,当事務所にご相談くださいました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 なし 併合14級
入通院慰謝料 0 101.2 101.2
休業損害 0 0 0
逸失利益 0 6.6 6.6
後遺障害慰謝料 0 99 99
合計 0 206.8 206.8
単位:万円
通院期間中は,保険会社から治療終了の打診もありましたが,Hさんの意向や医師の見解を踏まえてサポートを行い,適切な期間しっかりと治療を受けることができました。

解決内容

Hさんは,症状固定後も首や腰の痛みが残っており,仕事への支障はもちろん,寝ている時に痛みで目が覚めてしまうこともありました。そこで,後遺障害診断書のほか,日常生活にどれほどの支障が生じているかを説明する補足資料も追加して,当事務所にて後遺障害申請を行うこととなりました。 しかし,残念ながら結果は非該当でした。Hさんとしては,常に痛みが残っている状態であるにもかかわらず,非該当という結果に納得ができませんでしたし,当事務所としても異議申立てを行えば結果が覆る可能性があるとの見解でした。そこで,まずは治療期間中に撮影した検査画像について第三者機関へ鑑定の依頼を行いました。そしてその鑑定結果をもとに,Hさんが日常生活で感じていた自覚症状と画像所見に矛盾がないこと,また,医学的に十分説明が可能であることを確かめ,その根拠資料とともに異議申立てを行いました。 結果は首と腰それぞれ14級として,併合14級が無事に認定されました。その後は示談交渉へ進み,治療費を除き,約216万円を受け取っていただくことができました。

所感(担当弁護士より)

一度認定された結果を覆すことは容易なことではありませんが,しっかりと精査を行った結果,認定される可能性を見逃すことなく無事に適正な等級認定を獲得することができました。Hさんに痛みが残ってしまったことは非常に残念ではありますが,納得して示談し,満足していただくことができました。

その他の解決事例

保険会社提示額
交渉前
最終獲得額
292.31万円
保険会社提示額
725万円
最終獲得額
1651万円
保険会社提示額
282万円
最終獲得額
382万円

相談料・着手金0円。完全成功報酬制。賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-189
24時間受付メールでのご相談はこちら
0120-543-189