弁護士紹介

弁護士

木谷 倫之

(きだに ともゆき)

経歴

青山学院大学法学部卒業
北海道大学大学院法学研究科修了
2011年 都内大手法律事務所入所
2013年 都内大手法律事務所パートナー弁護士就任
2016年 ガーディアン法律事務所設立

私は生まれも育ちも東京都三鷹市で、現在は東京都日野市に住んでおります。都心とはまた違った西東京と呼ばれる地域の雰囲気が大好きで、そこで暮らす人々の役に立ちたいという思いから、東京都国分寺市に法律事務所を開設いたしました。

私の仕事は皆様が日常生活を送っているなかで直面するあらゆるトラブル、お困りごとから皆様を守ることです。「弁護士に相談しようかどうしようか」「これは弁護士に相談することなのか」こういう風に悩んでいる方もいるかもしれませんが、そんなことで悩んでいるのは時間がもったいないですよ。ご相談は遅すぎることはあれど、早すぎるということはありません。何でもお気軽にご相談下さい。事前準備は不要です。じっくり丁寧にお話を聞かせていただきます。不安を抱えていらした方が笑顔になって帰られる、そんな相談を目指しています。

弁護士

後藤裕太

(ごとう ゆうた)

経歴

上智大学法学部地球環境法学科卒業
中央大学大学院法務研究科修了
2012年 都内大手法律事務所入所
2016年 ガーディアン法律事務所設立

「依頼者を徹底的に護る弁護士でありたい」
日常生活の中で、理不尽な状況に巻き込まれてしまうのはやむを得ないことかもしれません。しかし、そういう状況の中で、声を上げることができない方、周りに配慮してご自身が我慢するという選択を取られる方も多くいらっしゃいます。そのような方の、日常生活を守りたい、その先にある幸せを取り戻す一助となりたいと願い、弁護士となりました。
そして、弁護士としての仕事をする中で、不安や心配だった顔が笑顔に変わる瞬間に何度も立ち合い、この仕事のやりがいを日々感じています。
私は、弁護士となった初心を忘れずに、じっくりと丁寧にお話を聞き、理不尽な状況から依頼者を徹底的に護ることをお約束いたします。

弁護士

園田由佳

(そのだ ゆか)

経歴

関西大学法学部法律学科卒業
北海道大学大学院法学研究科修了
2012年 都内大手法律事務所入所
2017年 ガーディアン法律事務所入所

「プロとしての正確さと、家族のような温かさを提供します。」
何か心配事があるとき、一人で悩んでいるうちは、そのことで頭がいっぱいになってしまい、何も手につかなかったけれど、誰かに相談した途端、そんなに悩む必要はなかったんだとほっとした経験、誰しもがお持ちだと思います。
あなたは、悩み事や心配事があるとき、誰に相談しますか?ご家族でしょうか?ご親友でしょうか?
複雑な法律問題で悩んでいるときでさえ、いきなり弁護士に相談される方はそういらっしゃらないでしょう。
やはり、弁護士に相談すること自体にハードルの高さを感じられている方が多いなと日々思います。「こんなことを弁護士さんに聞いて良いんでしょうか?」と言われることも多いです。
ですが、法律問題で悩んでいるとき、ご家族やご親友に相談しても、悩みや苦しみを共有することで心が軽くなることはあっても、解決にはつながりません。それどころか、日が経つにつれ、状況が悪化し、話がこじれていくことの方が多いです。
「餅は餅屋」という言葉があるように、法律問題で悩んだときは法律家に任せた方が良いのです。また、法律問題は病気と似ていて、問題が複雑化してからのご相談では、解決に向けた選択肢が狭まってしまいます。
ですから、「いつ」「どんなことなら」弁護士に相談して良いのか考える必要はありません。悩んだらすぐに、どんなことでもご相談ください。
専門家として最良のアドバイスを提供できるよう、日々研鑽に励みながら、ご家族やご親友と話しているような、安心してご相談いただける環境を整えて、お待ちしております。

弁護士

天井政彦

(あまい まさひこ)

経歴

慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
学習院大学法科大学院法務研究科 修了
2010年 都内大手法律事務所入所
2013年 都内大手法律事務所パートナー弁護士就任
2017年 ガーディアン法律事務所入所

生活の中でトラブルを抱えてしまったとき、どんな解決方法があるのかが分からない、という方がほとんどだと思いますし、どうしたいかわからない、そもそも何かアクションを起こしたいのかどうかもわからない、という方も多くいらっしゃると思います。
私は、平成20年の弁護士登録以降、何千という法律相談をさせていただいておりますが、弁護士の法律相談というものは、そういう方々に、弁護士が、法律を使った解決方法の選択肢をご説明し、ご相談者様と一緒にその中から選ぶ、弁護士のサポートによりご相談者様がある方針にたどり着く、というところに、大きな意義があると考えております。
トラブルに対し、どういう解決方針があるのかがわからない、どういう方針で解決したらいいのかわからない、という方は、弁護士の法律相談によって、その方針をはっきりさせてみてはいかがでしょうか。
仮にその方針が「何もしない」であったとしても、私は、ご相談者と一緒に何らかの選択肢にたどり着けたことを喜びに、日々、法律相談をさせていただいております。

弁護士

江渡 倫子

(えと みちこ)

経歴

学習院大学法学部法学科 卒業
学習院大学法科大学院法務研究科 修了
2019年 ガーディアン法律事務所入所

日々ご相談をいただく中で、法的トラブルは、自分の人生の今後を左右する重要な問題である一方で、あまり馴染みがないこともあり、得体の知れない怖さを感じている方がとても多い印象を受けています。
もっとも、ご相談いただき、現状で自分の持っている選択肢を把握し、選択肢それぞれのメリットデメリットを知り、今後の見通しを知るだけで、心の負担は大きく減らすことができます。
他方で、一般的に、人生を左右する悩みを、会って間もない相手にすることは、とてもハードルの高いものです。それでも相談していただけるのは、ひとえに職業に対する信頼に基づくものであると思います。
そのため、職業の重みを忘れず、信頼を裏切らないよう、ご相談していただく方の気持ちのハードルの高さに寄り添い、気軽に相談していただける弁護士でありたいと思っています。
まずは、お気軽にご相談ください。

0120-543-189
0120-543-189